2017年、新たなる始動!

December 31, 2016

 2016年4月から始動した timecode-lab/タイムコード・ラボ も、無事に年を越すことができました。

 皆様のご厚情に支えられて、乗り越えることができた2016年でした。

 2017年は、そのご恩にお返しできるよう、さらに励み成長していく一年にしたいと思っております。

 

 さて、2017年1月1日より、timecode-lab はラボを開所いたします!!!

 タイムコード・ラボのラボ開所です(ややこしい)

 従来は、事務所兼、編集室兼、応接室兼、機材庫……として自宅の一部……というか全部?をやりくりして事業を行っておりましたが、私生活空間を浸蝕し続けるには空間的にも時間的にも限界に迫ってきており、ラボ開設を決心しました。

 

 ラボでは、編集室とプレビュー・応接、さらに機材庫の機能を果たします。

 

■編集室:

 編集室は、従来通り EDIUS Pro による4K編集・マルチカム編集他に対応。

 ディレクションを受けながらの編集にも対応するように、椅子も2脚用意しています。

 今後は、さらに必要時に出し入れ可能なゲストデスクの増設も考えており、ディレクターのPCを置いたり、CG制作要員の作業スペース確保などに使用する事を想定しています。

 

■プレビュー・応接スペース:

 プレビュー・応接スペースでは、編集中の映像を確認できるよう 49インチの4Kテレビモニタ―を設置。

 ソファに腰を下ろして頂いて、ゆったりとプレビュー、編集修正指示を出して頂けます。

 現在は、まだローテーブルが無く、選定中。

 気に入ったテーブルを見つけたら導入します! あと、冷蔵庫は発注中~。

 

■機材庫:

 機材庫は、ようやく広々と棚を使って収納出来る空間を確保できました。

 自宅機材庫の時は、もう隙間に無理矢理機材押し込んでいましたら(笑)

  カメラ関係、音声関係、照明関係、ドローン――と、ジャンル別にまとめて収容することが出来ます。

 まだまだ整理中なので、棚の高さやレイアウトは随時変更して行く予定です。

 作業台もあるので、音声さんの準備や小物の用意も楽になります。

 

 

 そして、ラボ最大の売り?は、機材庫に台車で直接アクセスできる点。

 シャッタ-をガガガガーっと開ければ、バリアフリーで機材車から機材庫まで台車を転がせます。

 

 立地的には、大通りからは2筋中に入っているので、周囲は静か。

 最寄りの JR塚本駅からは、ほぼ1本道で徒歩5分です。これは、フリーの音声さんなどには来やすい距離かと思いますし、こちらからの買い出しなども便利です。

 自動車の場合は、近隣に金額上限有りのコインパーキングが複数点在しているので、駐車に困ることはありません。


 

 

 なお、事務処理は引き続き自宅事務所を併用します。

 現業が新設ラボで、事務業が自宅、という使い分けになりそうです。

 

 JR塚本駅は、大阪駅の隣の駅です。
 近所にお越しの際は、是非お立ち寄り下さい。

Please reload

最新記事

January 13, 2017

January 4, 2017

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグ検索
Please reload

ソーシャルメディア
RSS Feed

;cooperate with Next-Zero.com & ACC*visualization
copyright timecode-lab. ,2016-.